診 療 報 酬 改 定

 

 医療の危機的な状況を解消し、国民に安心感を与える医療を実現するため、配分の見直しや後発品の使用促進を図りつつ、10年ぶりにネットプラス改定を行う。(厚生労働省 平成22年度予算案の主要事項)

 

  全体改定率 +0.19% 

    ・ 診療報酬改定(本体)   改定率 +1.55%

         各科改定率   医科  +1.74%

(入院: +3.03% 外来: +0.31%)

歯科  +2.09%

調剤  +0.52%

 

      医科については、急性期入院医療に概ね4,000億円程度を配分することとする。また、再診料や診療科間の配分の見直しを含め、従来以上に大幅な配分の見直しを行い、救急・産科・小児科・外科の充実等を図る。

 

    ・ 薬価改定率       改定率 ▲1.36%

          薬価改定     ▲1.23%(薬価ベース ▲5.75%)

          材料価格改定  ▲0.13%