「総合診療医」を位置づける

 

 厚労省は4月22日、専門医の在り方に関する検討会(高久史麿座長)の報告書を公表しました。学会が認定する現行の制度を改め第3者機関で認定を行います。「総合診療医」も専門医として位置づけました。

 検討会は3月7日に報告書案を大筋で了承しました。厚労省は同日の意見などを踏まえて文面の修正を行い、報告書をまとめました。

 

 専門医の認定と要請プログラムの評価・認定は、中立的な第3者機関で行います。専門医は基本領域を取得した上でサブスペシャルティを取得する2段階制の仕組みです。

 基本領域のひとつに、「総合診療専門医」を位置づけます。総合診療医は、日常的に頻度が高く、幅広い領域の疾患と障害等について、「適切な初期対応と必要に応じた継続医療を全人的に提供することが求められる」としました。総合診療専門医については、臨床研修修了直後の医師が進むコースに加えて、他の領域から移行するためのプログラムも用意します。

 専門医の認定と更新にあたっては、経験症例数等の活動実績を要件とします。既存の学会認定の専門医は、更新のタイミング等に、第3者機関が作成する移行基準を満たせば新制度の専門医に移行できます。移行開始時期は今後、第3者機関で検討します。

 

 専門医の養成数は、患者数や研修体制、専門医の分布状況を踏まえて設定します。医師偏在の是正への取組については委員からさまざまな意見が出された経緯があり、報告書は「少なくとも、現在以上に医師が偏在することのないよう、地域医療に十分配慮すべき」との文言にとどめました。

 平成25年度に第3者機関を設立し、27年度に専門医の定員を設定、29年度から新専門医研修を開始する予定です。32年度の初めには新しい専門医の認定が行われる見込みです。