東京・高崎にある税理士事務所です。グループには、群馬マーケティングセンター・群馬M&Aセンター・相続手続支援センターがあります。

 
高橋税経グループ ひかり税理士法人 TEL:027-361-5568 TEL:03-5577-6353
お問合せ
事務所紹介 税金と経営ニュース 医療経営ニュース 税務関連トピックス メールマガジン登録 リンク
コンサルティングメニュー
税務・会計業務のご案内
創業をお考えの方へ
経営計画のご提案
相続・事業承継に関して
M&Aをお考えの方へ
幹部・社員研修のご案内
医療経営者の方へ
NPOの支援

高橋税経グループサイト
群馬マーケティングセンター
群馬M&Aセンター
相続手続支援センター群馬

Tax House

ひかり税理士法人
高崎事務所
〒370-0006
群馬県高崎市問屋町4-7-8
Tel:027-361-5568
Fax:027-361-9591

東京事務所
〒101-0047
東京都千代田区内神田1-3-1
トーハン第3ビル11F
Tel:03-5577-6353
Fax:03-5577-6354
 税務関連トピックス
 

  新着トピックス

税制改正法案年度内不成立ならば中小企業の優遇措置も消える
03月17日
2008年度税制改正関連法案の年度内成立が困難な状況となり、道路特定財源の暫定税率廃止だけが取り沙汰されていますが、年度内不成立となると経営に大きな影響を及ぼす税制があることに中小企業の多くが危機感を覚えています。

3月13日にようやく参議院の予算委員会で予算審議が始まりましたが、時間的な余裕がなく税制関連法案の年度内成立が困難な状況になっています。どのマスコミも道路特定財源に設けられている暫定税率の廃止ばかりを取り上げて報道していますが、中小企業の間では、経営に影響のある日切れ法案(租税特別法で適用期間が限定されている税制)の行方に注目が集まっています。

例えば、少額減価償却資産の特例です。資本金1億円以下の中小企業が30万円未満の減価償却資産を取得した場合、全額損金算入が認められる制度で、その適用期限は今年度末までとなっています。今回の税制改正関連法案では、同特例の2年間延長が盛り込まれているわけですが、もし、年度内に成立しなければ、4月1日以後に10万円以上の減価償却資産を購入した場合は、全額損金算入ができなくなります。

また、資本金1億円以下の企業に認められている交際費の損金算入特例も同じです。同特例は、支出した交際費について、定額控除限度額(400万円)までは、90%相当額について損金算入が認められるという制度で、これも今年度末で期限が切れることから、2年間の延長措置が今回の法案に盛り込まれています。年度内に税制改正関連法案が成立しなかった場合、こうした特例が適用できなくなるため、中小企業は経営計画を練り直さなければならない状況にあるわけです。

▲TOPへ
 
地域力連携拠点事業が動き出す。税理士などの助言に中小企業が期待
03月17日
「中小企業生産性向上プロジェクト」に基づく経営力の向上や中小企業の事業承継を支援する、地域力連携拠点事業が動き出しました。経済産業省が地域力連携拠点の募集を3月13日にスタートさせています。

地域力連携拠点事業とは、日本の強みである「つながり力」を更に強化することで中小企業の生産性を向上させる事業で、優秀な支援者を「応援コーディネーター」(全国で500人)として中小企業支援機関である「地域力連携拠点」に配置し、経営力の向上や事業承継など中小企業が直面する課題に対してきめ細かな支援を行うというものです。

この事業には国家予算が52億円つけられていて、商工会や商工会議所、金融機関、農協、NPO、民間企業などが同拠点として名乗りを上げることが予測されています。

この事業の特徴は、優れた応援コーディネーターが各拠点に配置され、支援を求める中小企業と専門家(応援コーディネーター)をピンポイントでつなげてくれる点にあります。

その専門家には、大企業のOBや各業種に特化したコンサルタント、中小企業診断士などが予定されていますが、事業転換や新たな分野へ挑戦する中小企業には、弁護士や税理士が対応してくれる仕組みになっていて、中小企業が苦手なリスクマネージメントができることが最大のメリットです。特に税理士には、多くの中小企業に関与している経験を通して、幅広い視野で助言してくれることを中小企業経営者らは期待しています。

▲TOPへ
 

個人情報保護方針